​他のアーカイブ記事は下のカテゴリーメニューを選択し、一覧表示の中からお選び下さい。

​他の記事は下のVマークをタップし、カテゴリーを選択し完了をタップ。記事一覧が表示されます。

イスラエルの残れる者

◇聖書の知識1 イスラエルの残れる者


今回は「イスラエルの残れる者」(レムナント)という言葉についての話です。


[レムナントとは]


「レムナント(イスラエルの残れる者たち)」とは、イスラエル民族の過酷な試練の中にあっても、真の信仰を貫いた少数の人たちのことです。不信に流れる民の中にあっても、神の民の霊的な核として、新しい神の民を形成する者となる「残りの者」がいたのです。「真のイスラエル」、「霊的イスラエル」とも呼ばれます。このフレーズは、エレミヤ書、イザヤ書など旧約聖書では66回出てきます。



「その日にはイスラエルの残りの者と、ヤコブの家の生き残った者とは、もはや自分たちを撃った者にたよらず、真心をもってイスラエルの聖者、主にたより、 10:21残りの者、すなわちヤコブの残りの者は大能の神に帰る。 10:22あなたの民イスラエルは海の砂のようであっても、そのうちの残りの者だけが帰って来る」(イザヤ10・20~22)

三か月前、聖書の研究を旨としてスタートした「令和リバイバル」でしたが、今朝(令和元年11月24日)その参加者が丁度40人になりました。40人目は、畠山喜美栄さんと言って、超教派、超宗派の活動をご主人と共に長年やって来られた方で、キリスト教にも造詣が深く、牧師さんとも多くの縁を持たれている方です。このライングループの趣旨と当にピッタリの食口です。

こういう方が、イスラエルがシナイの荒野で旅した40年に符合する40人目に参加されたことで、私は神の霊と聖霊の働きを更に深めた次第です。そしてこの時与えられた言葉が、「イスラエルの残れる者」というインスピレーションでした。

[大患難の試練に立つイスラエル]

BC582年のバビロン捕囚によって、国土・主権・国民・神殿が壊滅し、国王をはじめユダ王国の指導者はバビロンに捕囚されていきました。この国の大患難の試練の中にあって、民の心は二つに分かれました。

信じていたヤハウエの神は戦争に負けた弱い神、無能な神であり、もはや信じるに値しない神として捨て去っていった人々と、逆に、責任はヤハウエにあるのではなく、不信仰の罪を犯したイスラエル自身にあるとして、悔い改めて神に立ち返り、ヤハウエの神と再結合を目指した人々の二つの群れであります。

そしてこのヤハウエとの再結合を目指した人々こそ「イスラエルの残れる者」即ちレムナントであります。旧約聖書はこの捕囚時代のレムナントによって編集されました。歴史の二流という言葉がありますが、患難に際し、必ず二つの道に分かれるのが歴史の原則です。

原理創始者の次の言葉は含蓄のある言葉です。

「神様は終わりの日になれば、人類の前に7年の大患難があるだろうと予告されました。人間の絆がみな壊れていき、信じられない環境にぶつかる時です。その時は、希望が揺れる時であり、私たちが信じている信仰の中心が揺れる時であり、信じて従った指導者が揺れる時です。では、神様はなぜそのような患難をつくっておかなければならないのでしょうか。それは真の神様、歴史的に苦労した神様と同参したという価値を与えるためです。信じされないような患難の中でも『神様を愛する、神様と共に生きる』と言い得る真の息子、娘を探すために、そのような時が来るというのです」

私たちは患難の時、レムナントの道を選択したいと思います。そして患難の時こそ「聖なる書」即ち神の言葉に立ち返る時です。「神の言葉の中にこそ全ての回答がある、神の言葉の中にしか回答はない」。私もこの自覚の中で聖書の研究を始めました。共に切磋琢磨したいですね。(了) 



*上記絵画:ミケランジェロ画(左.預言者エレミヤ・右.預言者イザヤ)