​他のアーカイブ記事は下のカテゴリーメニューを選択し、一覧表示の中からお選び下さい。

​他の記事は下のVマークをタップし、カテゴリーを選択し完了をタップ。記事一覧が表示されます。

断捨離とは何か 本棚の整理に思う

○つれづれ日誌(6月9日)-断捨離とは何か-本棚の整理に思う


さて、皆様は「断捨離」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。筆者は、死去した配偶者の持ち物を整理する中で、断捨離という言葉を想起いたしました。そう言えば、ある「君が代」奉唱歌手の方から、「今私は断捨離中です」との話しを印象深く聞いたことがありました。


断捨離(だんしゃり)とは、沖正弘が提唱したヨーガの思想で、1976年の著書『ヨガの考え方と修業法(上巻)』において使われ、また一方、作家の「やましたひでこ」さんが、著書『断捨離』を書いて好評を博し広がりました。2010年には新語・流行語大賞にノミネートされました。(Wikipedia)


【断捨離とは】


断捨離は、ヨーガの行法である断行・捨行・離行に対応し、断とは、入ってくる不要な物を断つこと、捨とは、不要な物を捨てること、離とは、物の執着から離れること、という意味があると言われています。


即ち、ヨーガの行法が元になり、単なる物の「片付け」ではなく、諸々の執着から自らを解放し、真の自由を手に入れようとする思想であるというのです。



やましたひでこ氏は著書『断捨離』(ダイヤモンド社)の中で「モノを断ち、ガラクタを捨てれば、執着も離れていく」と言い、また、断捨離とは「出すこと」だとも述べています。余分なものが体に溜まれば良くないように、入るだけ入って出ていかないのは、停滞を生むと主張しました。(P190)


但し、所有物を最小化しようとする「ミニマリス」と、最適化しようとする「ダンシャリアン」は、明確に区別すべしと、やました氏は言っています。物を溜め込むのは、モノに「思い」が詰まっているからで、溜め込んだ物を捨てることにより、むしろ執着から解放されるとしました。


【本当に必要なものが明らかになる】


確かに断捨離とは、執着から離れることに本質があるといわれますが、筆者にとって断捨離とは、「本当に必要なものは何か」を見出だすことでありました。


<本棚の整理>

さて筆者は、1ヶ月ほど前、新しく本棚を購入しましたが、この度やっと組み立てて、雑然と積まれていた本を整理することができました。筆者の住む市営住宅は、民間のマンションと比べ、玄関とベランダがかなり広くとってあり、この玄関のスペースを利用して本棚の置場所にするというわけです。


5年前、この市営住宅に移り住んだ時には、小さな本箱一個しかなかったのに、いつの間にか増え、四畳半の自分の部屋には収まりきれず、玄関先のスペースを利用することになりました。


そしていまやその本棚の95%以上が、キリスト教を中心とした宗教書で占められています。


<蔵書の断捨離を敢行>

実は9年ほど前、筆者は思い切った蔵書の断捨離を敢行した経験があります。それは、かのバビロン捕囚のイスラエルのように、全てを失ってどん底に陥った只中で、神の言葉と出会った時のことでありました。


神の言葉(聖書・原理講論・み言集)と六法全書だけを残して、あとの政治・法律・経済・歴史・思想・文学など、他の一切の蔵書を処分したのです。かれこれ十数個を越える段ボールになったでしょうか。


それは、「唯一にして最大の財産は神の言葉である」との神の声を実践するためでした。唯一必要なものだけを残し、他の全てを捨てることにより、残されたものの価値が身に染みました。


断捨離の本質とは、外的には片付け、内的には執着からの解放であると共に、「何が最も大切なものであるかを明らかにすることにある」との筆者の確信は、このようにして実証されたのです。


<分別された蔵書>

かくして筆者の蔵書は、聖書と六法の数冊だけになり、本箱などは不必要になりました。捨てたことで、本当に必要な本は数冊だったということが分かったのです。絶対的に不可欠なものと、二次的なものとの分離です。


しかしやがて蔵書は増え続け、今や玄関まで溢れるようになりました。前記しましたように、こんどはそのほとんどが宗教書であります。


ただ今回は、明らかに前とは性質を異にしています。明確な動機と目的に裏付けられた分別された蔵書であり、以前のように雑然としたものではありません。当に「神の言葉は唯一の財産である」とのインスピレーションを実証するものです。


あのエズラ記9章の光景が思いだされます。バビロン捕囚帰還後、異民族との雑婚の問題が、信仰の妨げになるとして大きな課題になっていました。エズラは、「雑婚」(異教徒との結婚)の罪が蔓延していることを知って憂慮し、異民族の妻子と離縁し、追い出すことを求めました。


ソロモンの事例でもそうでしたが、異民族との結婚は、偶像礼拝をもたらすからです。

エズラは、「われわれは再びあなたの命令を破って、これらの憎むべきわざを行う民と縁を結んでよいでしょうか」(エズラ記9.14)と、雑婚の分別を迫ったのです。


かくして、かって行った蔵書の断捨離は、結果的に雑婚ならぬ「雑本」との分離・分別になり、今や新たな蔵書から、日々霊的な糧を享受しています。


【修道院に見る断捨離】


修道院生活は究極の断捨離です。529年にベネディクトゥスがモンテ・カッシーノに創建した修道院の戒律は「純潔」「清貧」「従順」でありました。修道者の持ち物は、二枚の服と一枚の毛布だけだったと言われています。


ベネディクトゥスのこの戒律は、フランシスコ会・ドミニコ会など、多くの修道会の会則のモデルとなりました。修道者は、「純潔」「清貧」「従順」の誓願をたて、修道院において、労働と祈りの共同生活を送りました。


とりわけ托鉢修道会は、会則により「私有財産を認めていない」修道会をいい、特に、ドミニコ会・フランシスコ会・聖アウグスチノ修道会・カルメル会のことを指しています。修道士は托鉢を行い、善意の施しによって生活し、衣服以外は一切の財産を持たなかったと言われています。


また、インドのジャイナ教も、解脱を目指して行われる宗教生活で、「何ものも所有しないこと」(無所有)を五大禁戒の一つにしています。ものを所有しないことの規定により、厳格な修行僧は下着も身に付けず、全裸で修行すると言われています。


【ミニマニスト宣言】


やました氏によれば、断捨離とは物の最小化を目指すミニマニストになることではなく、物の最適化を目指すダンシュリアンであると主張しました。


最適化とは、物をほどよい程度保有し、人と物の調和を諮る考え方ですが、これから筆者は、ヨブのように、敢えて「ミニマニスト」を目指したいと考えています。持たないことの美学です。一切の余分なものを持たないことで、魂の豊かさを得ようというのです。


それにしても、全てを奪われたヨブの言葉、「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ」(ヨブ記1.21)は、あまりにも示唆に富む言葉ではありませんか。


最近、筆者は配偶者と死に別れ、配偶者の持ち物を処分することになりました。生前大事にしていた、ほんの数点だけを残して、断捨離を実施しました。


このことは、彼女が真に大事にしていたものを際立たせることになり、地上での思いを分別して、永遠の生を享受する一つの区切りになったと信じています、


また筆者は、これをよい機会に、家の中の断捨離にも手を付けています。断捨離は、単にガラクタを捨てるという「片付け」ではなく、真に必要なものを発見する作業でもあります。


【ヨガの先生】


最近ある知人のヨガの先生から、「吉田さん、断捨離はもう古いですね。これからは『断三感』です」との話しを伺いました。断三感とは、早朝や深夜の静寂の中で、視聴覚と皮膚感覚を遮断して、裸で瞑想するというものです。


そうすれば、見えないものが見え、聞こえいないものが聞こえ、空気の清浄の肌触りが伝わって来て「引き上げられる」というのです。これがヨガの真髄だと....。


物も金も執着も、必要なもの以外は持たないことで、真の自由が得られるというのです。確かにこのヨガの先生は、決して負け惜しみでも強がりでもなく、本当にそう感じているのだと思いました。


そして、物の断捨離だけでなく、体の断捨離が必要です。余計なものを取らず、余分なものを出し、体自体の執着を断つことです。


体を大切に!。もっと体をいたわらなければ。75年間、ちゃんと働き続けてくれた体に感謝しなければ。私の仕事を支え続けてくれた体を愛さなければ!



さて皆様は、以上の論議をどのように思われるでしょうか。感想をお聞かせください。(了)