​他のアーカイブ記事は下のカテゴリーメニューを選択し、一覧表示の中からお選び下さい。

​他の記事は下のVマークをタップし、カテゴリーを選択し完了をタップ。記事一覧が表示されます。

アメリカ大統領と信仰④ ビル・クリントン2

🔷聖書の知識12ーアメリカ大統領の信仰4→ビル・クリントン(2)

神よ、あなたのいつくしみによって、わたしをあわれみ、あなたの豊かなあわれみによって、わたしのもろもろのとがをぬぐい去ってください。わたしの不義をことごとく洗い去り、わたしの罪からわたしを清めてください。(詩編51・1~2)

[クリントンの信仰]

32歳にしてアーカンソー州の知事になり、10年超の知事生活を経て大統領になった弁護士で民主党のクリントンは、経済政策こそ好調でしたが、外交・安全保障は心もとなく、親中・反日政策はアジアに不安定要因を振り撒くことになりました。そして、何よりも数々の不倫、とりわけモニカ・ルインスキーとのホワイトハウスでの性的スキャンダルは、クリントンの人間性や道徳性に重大な疑問符がつけられ、国民から大きなバッシングを受けることになります。(なお、クリントンの妻は有名なヒラリーです)


しかし、にも拘らずクリントンは、信仰的回心、ボーンアゲインを経た敬虔なキリスト教信徒として、この点において群を抜いた大統領だったのであります。著名な牧師からも、「近年、稀に見る信仰篤い大統領」との評価を得ています。クリントンは、立派な人格者であったとは言えませんが、信仰深い人間であったことは確かであります。

クリントン(1946~、在任1993~2001、アーカンソー州生)の少年時代は暗いものでした。クリントンが生まれる約3ヵ月前に父ウィリアム・ジェファーソン・ブライス・ジュニア(William Jefferson Blythe, Jr.)は自動車事故で死亡しました。母が、自動車販売店を営むロジャー・クリントンと再婚しましたが、義父は強度のアルコール中毒であり、自宅内で頻繁に暴力を振るい、クリントンが小学生の頃、酒に酔った義父が発砲した弾丸がビルの耳元をかすめる事件がおきるなど不遇の少年時代であったと言われています。両親ともに無信仰の放蕩者でした。

その中で、少年時代の唯一の慰め場としたのが、パークプレイス・バプティスト教会で、ここで安らぎを見出し、救いの回心体験をすることになります。クリントンは、聖書を手に毎週教会に通ったと言われています。

大統領になっても、メソジスト教会の日曜礼拝は夫婦で欠かしたことがなく、聖書に精通し、たびたび聖書の言葉を引用して演説しました。頻繁に牧師や教会関係者をホワイトハウスに呼び、謙遜に信仰上の助言を求めました。大統領就任の朝、教会の祈祷会で、ガラテヤ書6:9「わたしたちは、善を行うことに、うみ疲れてはならない。たゆまないでいると、時が来れば刈り取るようになる」を読み上げました。

[クリントンのスキャンダルと擁護]

クリントンの最大のアキレス腱は多くの女性スキャンダルです。州知事時代のジェニファー・フラワーズとの12年間に渡る不倫関係、大統領になってからのセクハラ訴訟、そして最大のスキャンダルであるモニカ・ルインスキーとのホワイトハウス内での2年に渡る不適切な性関係であります。

クリントンのメンター(霊的助言者)であるハイベルズ牧師は、「大統領は悔い改めて生まれ変わった。神を求め神に従って生きる決意を示した」と言って擁護しました。クリントンは、1998年のホワイトハウスでの朝食祈祷会で「私は、家族、友人、そして国民を裏切りました。そして心から悔い、償いをしたい」と言って神と国民に許しを請いました。無論、これらクリントンの告白が、単なる政治的パフォーマンスだとか揶揄する向きもありますが、ここは素直に受け止めてあげた方がよいのではと思われます。

著名な黒人教会のジェームズ・フォーブスは、ダビデがバト・シェバとの不倫を悔い改め立ち直ったこと(詩編51篇)、ペテロが三度もイエスを否認したが悔い改めて立派な伝道者となったことなどを挙げ、聖書には罪を悔い改めて神に帰依した人々の物語に満ちていると語って、寛大な心で大統領を赦すべきだと弁護しました。

クリントンも公金流用で批判される州知事の応援演説の中で、「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの女に石を投げつけるがよい」(ヨハネ8・7)を引用して擁護しました。

「煩悩に苦しむ人間は、自身でこれを解決することは不可能である、ただ弥陀の慈悲に身を委ねよ」と悪人正機説を唱えたのは親鸞でした。悪人とは、自分ではどうすることも出来ない罪を抱え込んでいると自覚した人を指し、そうした悪人こそ阿弥陀如来の慈悲で救われると説く親鸞の教えは、罪人こそイエス・キリストの救いの対象であるとする、クリントンが少年時代に通った南部バプティスト教会の教えと通じるものがあると思われます。

以上、「アメリカ大統領の信仰」と題して、ワシントン、リンカーン、アイゼンハワー、そしてクリントンと綴ってきましたが、これでこの項は一旦終わりにしたいと思います。(了)